スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(14/06/14)大崩山のササユリ

ちょうど10年ぶり(前回は2004年です)となりますが、大崩山のササユリを見てみたいという気持ちになりました。ほんと、ここ10年、ササユリを見ておりませんでした。以前と変わりなく可憐な姿を見せてくれるだろうかと、胸をワクワクさせながら、14日午前5時に拙宅を出発し上祝小川登山口をめざしました。

R57を竹田市へ、R502を旧三重町(豊後大野市)へ、さらにR326を南下し、その他の林道を経由して登山口まで140~150km、やはり遠いですね。以前のCRVかフォレスタでは2時間半余りでしたが、現在のフィットシャトルでは3時間では着きませんでした。到着は8時15分すぎだったと思いますが、すでに登山口前は10台以上の車で満タン状態、小生は100mほど奥の路側に駐車しました。

大崩山荘から湧塚コースを辿りましたが、最初の渡渉点、以前は橋が渡してありましたが、雨で流失した?為か、現在はありません。まず、上祝小川をどう渡ろうか、困ってしまいます。雨で川の水位が高いと渡れない場合もあるかもしれませんので、要注意です。当日は、橋の残骸のある岩から数メートル上流の地点を飛び石伝いに渡ることができました。

湧塚コース、坊主尾根コースともに、テープ指示がありますので、迷うことはないと思います。今回は、GPSへの事前のプロットはしませんでした。しかし、上りも下りもハードコースには違いありません。今回は、ササユリ鑑賞と山頂を踏むことが一番の目的でしたので、上湧塚、中湧塚への立ち寄りはカットしました。

ササユリは、例年にくらべると、どうも裏年だったようです。昨年と比べると、開化している株数はごく少ないと、他の登山者の話しでした。小生も、全体で目にすることができたのは、5~6輪です。しかも、一株に一輪の花でした。一株に複数の花が付いているササユリを見ることができませんでした。これが、残念。10年前は、見ることができました。

ラップ : (歩行時間:約7時間 距離:約14km)

駐車地点(上祝小川登山口8:25)~大崩山荘(8:50)~渡渉点(9:00)~袖ダキ(10:30)~上湧塚入口(11:30)~坊主尾根分岐(12:05)~大崩山(12:25)~石塚(12:55)~駐車地点(15:50)


大崩山全景
登山口手前の林道から大崩山全景です。
上祝子川登山口
登山口前です。
小積岩方面眺め
渡渉地点からお馴染みの眺めです。

ササユリ
渡渉後しばらくして出会いました。少し色あせておりましたが。

袖ダキから眺望
袖ダキからお馴染みの眺めです。湧塚群です。

ササユリ

ササユリ

ササユリ
袖ダキに可憐に楚々と咲くササユリ2輪、感動です!!!

於:大崩山山頂
大崩山頂での小生。
石塚スナップ
石塚でのスナップ。
上湧・中湧塚
上湧塚と中湧塚、ちょっとガスが上がっておりますが。
ゾウ岩
ゾウ岩です。
大崩山
小積ダキから大崩山を俯瞰する。

ゾウ岩渡り
ゾウ岩渡り。
危険な梯子降り
下りの一番の難所。
ササユリつぼみ
一株に4輪の蕾、来週は見頃かもしれません?
ドウダン
ドウダンツツジ?

坊主岩
名物坊主岩。
IMG_0637s.jpg
最後?のササユリ。
最後の渡渉
最後の渡渉、ここは飛び石が見つかりません。他の登山者、靴を脱いでいたようです。


===  今日も素晴らしい山行きでした!!!  ===



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★いらっしゃい!!!

あなたは
プロフィール

V誘笑む

Author:V誘笑む
ハンドル:Ⅴ誘笑むと申します。
登山、スキー、マラソンが小生の趣味の3種の神器です。今年還暦を迎え、ますます、趣味に磨きをかけて生きたいと思っております。手前味噌になりますが、その磨き具合を適宜ご報告してまいりますので、乞うご期待です!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。