スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(15.03.21)矢筈岳~倉岳周回!!

岳友バタ氏より、最近『天草の倉岳六峰に、いつか行きましょう』という話しが出て、「倉岳六峰」という言葉がやけに耳に残りました。倉岳と矢筈岳は、登山を始めた頃、車で倉岳山頂に近い駐車場まで移動して、短時間で両山頂間を往復した記憶が甦ります。思い返せば、登山と言えるものではなく、九州百名山の一つであった「倉岳」をとりあえず消化した、帳面消しに近いものでした。

先日、倉岳について、ネットより情報を確認しましたところ、地元有志の方々が、倉岳・矢筈岳の登山道を整備して、海抜0Mから登れるようになった、とのことです。「倉岳六峰」の情報は、あまり得られませんでしたが、海抜0Mからの倉岳・矢筈岳登山に小生の登頂意欲が刺激されました。それで、早速倉岳六峰の偵察も兼て、家内と二人、動いてみることにしました。

ラップ:
自宅(7:00)==倉岳総合グランドP(7:10/9:20)~矢筈岳(11:30)~倉岳(12:20/13:05)~車道(13:55)~西側へ向う~左折点(14:10)~棚底城跡~延命登山道入口(14:30)~国道266~倉岳総合グランドP(14:55/15:10)==自宅(18時前)

      歩行時間:.約5時間   距離:約11km  (参加:V誘笑む夫婦2名)


IMG_1442.jpg
9:20倉岳総合グランド駐車場  ここから道なりに矢筈岳方面をめざして歩きます。江岸寺の墓石群を左に見ながら進みます。

IMG_1443.jpg
暫くして写真の六部塔を右に見ながら直進します。

IMG_1445.jpg
国道266号の陸橋を渡ります。小さな案内板が方向を示してくれます。

IMG_1446.jpg
ここが祇園神社駐車場登山口で、矢筈岳花道登山道の入口となります。

IMG_1448.jpg
立派な標柱(達筆、文字が素晴らしい)が立っておりました。

IMG_1447.jpg


IMG_1450.jpg
カワイイお地蔵さんが沢山。財布を車に置いたままで、賽銭の手持ちがありません。次回、2回分持って行きますネ。

IMG_1452.jpg
一度車道に出て、山道にはいります。

IMG_1453s.jpg
なかなかの急登ですが、気持ちの登山道が続きます。

IMG_1455.jpg
矢筈岳山頂、素晴らしい眺望なのですが、ガスって少し残念。

IMG_1456.jpg
矢筈岳山頂、金毘羅さん。ピカピカきれいになっておりました。

IMG_1462.jpg
倉岳山頂近くの駐車場、この立札と「マムシ注意」の立札もありました。少し緊張気味、(ーー;)

IMG_1463.jpg
倉岳山頂への階段。

IMG_1464.jpg
12:20倉岳山頂

IMG_1467s.jpg


IMG_1466.jpg
矢筈岳方面、於倉岳。

IMG_1468.jpg


IMG_1470.jpg
倉岳山頂からの素晴しい眺望、ガスって少し残念。

IMG_1471.jpg
倉岳山頂より延命登山道へ向います。

IMG_1472.jpg
延命登山道、よく整備されておりました。

IMG_1474.jpg
14:10左折点、ちょっとした集落あり。その後、ミカン畑を左に見て、道なりに下っていきます。たまに、小さな標識が見えました。

IMG_1476.jpg
棚底城跡を通過していきます。

IMG_1477.jpg
棚底城跡から倉岳。


IMG_1478.jpg
棚底城跡から倉岳。


IMG_1479.jpg
14:30延命登山道(棚底城跡)入口


IMG_1480s.jpg
矢筈岳と倉岳の雄姿。その後、国道266号を歩いて、総合グランドPを目ざします。

IMG_1481.jpg
いいお天気となりました、菜の花もきれい。


IMG_1482.jpg
14:55やっと帰ってまいりました、おつかれさま。


===   十分満足いく山歩きでした(^^♪   ===



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★いらっしゃい!!!

あなたは
プロフィール

V誘笑む

Author:V誘笑む
ハンドル:Ⅴ誘笑むと申します。
登山、スキー、マラソンが小生の趣味の3種の神器です。今年還暦を迎え、ますます、趣味に磨きをかけて生きたいと思っております。手前味噌になりますが、その磨き具合を適宜ご報告してまいりますので、乞うご期待です!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。