スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(15.02.22)いちごマラソン大会、(@_@;)

昨年の熊本城マラソン、菊池桜マラソン以来、久しぶり(2年ぶり)に、いちごマラソン(ハーフ)に参加しました。今まで、何回か各地のマラソン大会を経験しておりますが、今回初めて、悪天候の中の開催参加となりました。

前日夜半からの降雨で当日朝方も、「こりゃ、走れんな」と思うほど、時折、強い雨足でした。しかし、前回と同様に、お土産付の参加申込み(お土産代として千円高い)をしておりましたし、もし、走れなくても、お土産と参加賞はいただきたいと思っておりましたので、とりあえず、横島町まで行ってみようということで、我家を出発したところでした。

会場に近づくにつれて、雨足は弱くなりました。スタート時に、小生はビニールの雨合羽を身につけましたが、ランニング途中ポツポツときたものの、ゴールまで、雨合羽は重たくはありませんででしたが、不要の長物となっておりました。

ここ一年余り、小生は、日ごろの練習を負担に感じるようになって、以前に比べると距離も短くなり、モチベーションも低下しておるような状況です。最近では、当初の目的の、体力の増強と登山の補助トレーニングという位置づけが強くなっておりますが、何とかランニング継続していく為の起爆剤として、今回のいちごマラソンも半強制的に、自分自身に鞭打つような格好での参加となりました。それで、ハーフを完走できるかどうか、心配でもありました。

結果は、案の定、恥ずかしながら、15km地点で足が止まりました。でも、ゴールまでは、何とか戻る必要がありますので、残り6km強の距離、四分の一ぐらいは歩いたかもしれませんが、何とか、ゴールをくぐり完走(完歩)することができました。タイム云々は言えませんが、2時間13分ぐらいだろう(完走証は後日郵送))と思います。足が止まったこと自体口惜しく残念ですが、「まぁ、こんなものです」という気持ち、とりあえず満足しております。

しかし、レース途中のご接待のいちご、今回は往路3個、帰路4個、ご馳走になりましたが、ホント美味しかったですネ。レース中のこの味、また、来年も出てみようかと、いう気持ちになりました。

いちごマラソンは、小生は今回で3回目の参加となりますが、38回目の開催を迎え、そう多くはないスタッフで効率よく運営されているように感じました。この大会は当日受付のみですが、受付では参加賞配布が主な目的です。事前に、ナンバーカードとチップは郵送されておりますので、特に、レース前に受付を済ませる必要もありません。また、どかのマラソン大会のように、当日受付はなく、また、ナンバーとチップを前日受付で受け取るとき、免許証などの身分証明も必要ありません。前日に免許証持参で受付など、市民マラソン大会で全くナンセンスとしか言いようがありません。

また、当日集合メインですから、駐車場もたくさん用意されていて、大会会場から遠い駐車場には、無料の送迎バスがピストンで送迎してくれます。どこかのマラソン大会は、前日受付しかなく、駐車場など既存の駐車場しか使えませんので、自家用車を使用しての参加者は少ないはず、ひいては、県内より県外の参加者もずっと少なかったはずです。

いちごマラソンとどこかのマラソン大会を比較しました。いちごマラソンが、よりシティマラソンに近いと思いました。




DSC_0082s.jpg
スタート直前です。ビニールの合羽をまといました。


DSC_0084s.jpg
恥ずかしながら、やっと完走(完歩)です。


DSC_0085.jpg
お土産のいちご、レース中のいちご同様、美味でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★いらっしゃい!!!

あなたは
プロフィール

V誘笑む

Author:V誘笑む
ハンドル:Ⅴ誘笑むと申します。
登山、スキー、マラソンが小生の趣味の3種の神器です。今年還暦を迎え、ますます、趣味に磨きをかけて生きたいと思っております。手前味噌になりますが、その磨き具合を適宜ご報告してまいりますので、乞うご期待です!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。