スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(15.01.11)初登山、大船へ氷踏み

アッというま間に一週間が経ちました。
3連休の中日、予報では晴れマークで降水確率20%ほどだったと思います。今水登山口の駐車場には、3~4台の先客、予報のとおり空は青空でしたが、少し風が強いのが気になりました。初登山、昨年は九重御池の湖面闊歩でしたので、今年は、2年ぶりに大船御池の湖面闊歩となりました。

凍てついた急登の東尾根をボチボチと登ります。最初はアイゼンをつけるほどではありませんでしたが、だんだんと雪と氷が行く手を阻むようになり、8合目?ほどでしょうか、軽アイゼンを装着しました。御池近くの山頂台地に飛び出ますと、雪はそこそこ積もっておりましたが、ラッセルを強いられるほどはなく、踏み跡を辿って御池の淵を通り越し、まずは、大船山頂に達しました。

山頂では、あれだけ真っ青だった空に低く暗雲が垂れ込め、また、風が強かったですネ。証拠写真を撮ったらすぐ、御池の水際におりました。この冷え込み、御池は完全結氷しておりました。池の上を歩けると思うと嬉しくなりますネ。歩く前に昼食を摂ることになりましたが、池の水際近くでも風が強くて、風を避ける処もないほどでした。なんとか、カップ麺をすすった後、誰もいない湖面上を、恐る恐る歩いてみました。

このアイゼンで削る、カツカツ、が何とも気持ちいい。湖面を渡って向こう岸まで往復し、凍った湖面の淵を2周しました。その内、岳友T氏、K氏も一緒に闊歩。しばらくして、他の登山者が湖面を歩き出す頃、小生達は、御池を後にしました。下山は、一昨年と同様に、鳥居窪から岳麓寺へ下るルートを辿り黒岳への縦走路(柳ヶ水分岐)へ出て、ガラン台へ向いました。雪はそこそこ残っておりましたが、登山道はマズマズ踏み固められておりますので、アイゼンを脱着しました。でもたまに、凍っている箇所もありますので、滑らないように要注意です。

ガラン台から、一昨年は今水登山口へ向かって、牧場の舗装道を奥(左)へ進みましたが、今日は反対側(右)に舗装道を下りました。以前、家内とこの舗装道からガラン台を経由して大船山に登っておりました。ゲートが2つほどあって、一般車はガラン台まで来られませんので、ズッと下の方に駐車しジグザグを繰り返し歩いて、ガラン台の登山口まで達する必要があります。長い舗装道ですので、ガラン台から今水登山口へ下ったいいかどうか、微妙なところです。

やっと、駐車地点まで戻りました。


8:40今水駐車場スタート
8:40今水駐車場スタート


8:50登山口
8:50今水登山口


9:45縦走路合流点
9:45縦走路合流点


東尾根より黒岳の眺め
東尾根より黒岳の眺め(まだいい青空です)



完全結氷の御池(みいけ)
完全結氷の御池(みいけ)、もう曇っております。



12:00大船山山頂
12:00大船山山頂、寒かった。



結氷した御池
結氷した御池



結氷した御池
結氷した御池、御池の淵を周回します。



氷上の小生
氷上の小生



入山公の兜岩
入山公の兜岩



14:35ガラン台への分岐点
14:35ガラン台への分岐点



ガラン台
ガラン台



15:25今水駐車場
15:25今水駐車場
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★いらっしゃい!!!

あなたは
プロフィール

V誘笑む

Author:V誘笑む
ハンドル:Ⅴ誘笑むと申します。
登山、スキー、マラソンが小生の趣味の3種の神器です。今年還暦を迎え、ますます、趣味に磨きをかけて生きたいと思っております。手前味噌になりますが、その磨き具合を適宜ご報告してまいりますので、乞うご期待です!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。