スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(14/10/25)国見岳~石堂屋大周回

前回は家内と二人、九重へ紅葉狩りに参りました。その後、1週間も経たずに岳友バタ氏より「ハード&ロングで面白い?コース」のご提案があり、待ってましたとばかりに、決行の運びとなりました。

全体の感想:

この日は、日の出時刻が6:30、日没時刻が17:30ぐらいでしたが、日没前に滑り込みセーフといった具合で駐車地点に戻ってまいりました。「駐車地点目前で一夜を明かすことになるかも?」という言葉が頭をかすめておりましたが、兎にも角にも陽が沈む前に下山ができて、ホッと安堵いたしました。

バタ氏の事前の予想では9~10時間の歩行ということでしたので、ほぼ予定の時間内で下りてきましたが、バタ氏未踏のルート(石堂屋~雷坂登山口)など考慮した上で、もう少し余裕をもった時間設定(特に出発時間)をするべきだったと反省しております。また、秋口は、日出と日没時間が短くなっておりますので、この時期は避けて、春か初夏の頃を選ぶべきだったかもしれません。

もう一つ、今回未踏の尾根(石堂屋~雷坂登山口)下る際に、事前の下山口の確認(安全に下れるかどうか)など、基本的なことがなおざりだった為に、車を目前にして断崖で下ることができずに、安全な下山路を探すのに手間取ってしまい、日の暮れ前の滑り込み下山となりました。

恥ずかしながら、今回、いろいろとイイ勉強になりました。しかし、この日は紅葉の一番?の最盛期と重なったように思います。1500~1600m付近の紅葉は、とても見応えがありました。

A:駐車地点(6:30)~B:林道出合(9:00)~C:縦走路(9:50):

登山口から国見岳山頂まで標高差約1200mを上りますが、そのメイン部分にあたる雷坂の尾根の部分です。全体的に、長い道のりですが快適な尾根道です。紅葉も楽しめました。登山道も迷うことなくハッキリしておりますが、一部テープが途切れる箇所もありますので、GPSがあれば心強いですね。林道に出るまで、ジグザグに尾根を上がることが多いのですが、林道を横切った後は、左手に国見岳、右手に霧立越えの山なみを見ながら、尾根道を踏んでいきます。

C:縦走路(9:50)~D:国見岳(10:55/11:25)~E:小国見岳(11:55)~F:五勇山(12:55):

今日のルートの主峰部分に当たります。気持ちのいい登山道がズッと続いて、国見の山頂は言わずもがな、その他、山池湿原を始めとして素晴しい佇まいのスペースなど在ります。このルートは、今まで何度も歩いておりますので、特に問題はないと思います。今回、ヒヤッとしたことが一つありました。国見岳山頂から五勇山に向かってスタートした直後に、小生が最後尾で少し出遅れたものですから、焦っていたのでしょうか。岩場の下りで足がもつれて、前へつんのめってしまいました。顔を岩で打ちそうになりましたが、とっさに顔を上げて、頬を少し打った程度でした。あと腕と上体が少々打撲で、しばらく痛みがありました。ちょっとした不注意で、運が悪ければ大怪我になったかもしれません。気を抜いてはいけない、自戒ひとしきりでした。

F:五勇山(12:55)~G:萱野登山口分岐(13:20)~H:石堂屋(14:40)~駐車地点(17:10):

初めてのルートで、今日のメーンエベントに当たる部分です。五勇山から萱野登山口分岐までは、登山道はシッカリしております。反面、萱野登山口分岐から石堂屋までは、登山道と判別はできるものの元気のいいスズタケが伸び放題で、少なからず小生達の行く手をさえ切り忍耐を強いられました。さらに、石堂屋から駐車地点へ向かってGPS(必携)上で最短の尾根ルートを選びプロットして、それに従って前進しますが、右をむいても左をむいても、濃い深いスズタケだらけで行く手を阻まれました。

この時点で引き返す時間はありませんので、もう腹をくくって前進あるのみですが、かき分けかき分けで1時間で100m(標高差で)ほどしか下ることができませんでした。ここでも相当の忍耐を強いられましたが、1時間を過ぎるころ、やっと藪も薄くなり、踏み跡があるようなないような普通に近い尾根道が続くようになりました。

その後広い尾根となり車道に沿った渓流の音も次第に大きくなり、駐車地点が間近くなったことがわかりましたが、周囲を見渡すと、尾根がきれて崖となっております。多分、崖の下に車道があるのは間違いないと思うのですが、切れ落ちていて下れるような箇所が見つかりません。トラバースして、別の支尾根に行ったりしながら、バタ氏の活躍でやっと林道へ下ることができました。この林道から、5~6分で駐車地点に間近い車道(椎矢峠に続く道です)に出ることができました。日没前20分ほどでした。


ラップ: (歩行時間 約10時間  距離 約21km V誘笑む他2名)

自宅(4:00 片道105km)~A:駐車地点(6:30)~B:林道出合(9:00)~C:縦走路(9:50)~D:国見岳(10:55/11:25)~E:小国見岳(11:55)~F:五勇山(12:55)~G:萱野登山口分岐(13:20)~H:石堂屋(14:40)~駐車地点(17:10)


概略マップ
概略マップ:国土地理院地図を使用させていただいております、m(__)m


雷坂尾根に近い駐車スペース
雷坂の登山口近くの駐車スペース。ここまで、全て舗装道でした。この道は、椎矢峠まで続きますが、舗装は切れるとのことです。

雷坂尾根入口
駐車地点からすぐです。小さなプレートです。

雷坂尾根の雰囲気
スタート1時間後、尾根道の雰囲気。

雷坂尾根の雰囲気
スタート1時間後、尾根道の雰囲気。

上ノ小屋谷への分岐
上ノ小屋谷への分岐点です。いつか上ノ小屋谷を周回してもイイですね。

雷坂尾根道の紅葉
雷坂の紅葉。

紅葉と尾根道
紅葉と尾根道。

IMG_1014.jpg
紅葉です。

雷坂途中の林道
林道へ飛び出しました。椎矢峠近くから分岐しています。

気持ちのイイ尾根道
気持ちのイイ尾根道、国見~高岳の縦走路も近い。

雷坂の紅葉
雷坂の紅葉、見頃を迎えています。

雷坂の紅葉
雷坂の紅葉、見頃を迎えています。

雷坂の紅葉
雷坂の紅葉、見頃を迎えています。

気持ちのイイ尾根道
雷坂、気持ちのイイ尾根道です。

国見岳と紅葉
左手に国見岳と紅葉です。

縦走路の標識
国見岳~高岳縦走路に出ました。

天主山高岳他
左に天主山、真中に高岳、右に三方山でしょうか。(縦走路の展望台から)

向坂山
向坂山方面。。(縦走路の展望台から)

雷坂から縦走路合流点


山池湿原
いつ訪れても素晴らしい佇まいの「山池湿原」。

山池湿原
いつ訪れても素晴らしい佇まいの「山池湿原」。

杉ノ木谷分岐付近の紅葉
杉ノ木谷分岐付近の紅葉。

IMG_1041.jpg
国見岳の山頂が近い!!

国見岳山頂祠
国見岳山頂祠。

今日の精鋭(於国見岳)
今日の精鋭達。

雷坂尾根方面
雷坂の尾根と後ろは扇山。

樅木登山口方面の尾根
紅葉がキレイ、樅木登山口方面の尾根(於小国見岳)。

樅木登山口方面の尾根紅葉
紅葉がキレイ、樅木登山口方面の尾根(於小国見岳)。

五勇山手前の紅葉
五勇山手前の紅葉。

五勇山手前T字路の標識


五勇山山頂
五勇山山頂。

石堂屋への道(藪が多い)
萱野登山口への分岐までは、藪は刈り込まれて道はハッキリしておりますが、分岐を過ぎると、藪がだんだん行く手を阻みます。

石堂屋山頂


石堂屋三角点
石堂屋三角点。

藪を行く
濃い深い藪が続き、行く手をさえぎります。両手でかき分けかき分け!!

やっと尾根道
やっとやっと、尾根道です。

車に近い林道に出る
アタフタしながら、この林道に下りました。ほんとに、お疲れさま!!


===  素晴らしい登山を楽しみました!!!  ===
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★いらっしゃい!!!

あなたは
プロフィール

V誘笑む

Author:V誘笑む
ハンドル:Ⅴ誘笑むと申します。
登山、スキー、マラソンが小生の趣味の3種の神器です。今年還暦を迎え、ますます、趣味に磨きをかけて生きたいと思っております。手前味噌になりますが、その磨き具合を適宜ご報告してまいりますので、乞うご期待です!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。