スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(14/07/27)2014年度夏山遠征Ⅲ

3日目となりました。昨日まで好天気に恵まれましたが、今朝の槍ヶ岳山荘ではスゴイ雨風で、どうしよもありません。今日は大キレット越えして、北穂から涸沢岳、そして穂高岳山荘まで進みたいという計画でしたが、予定を変更せざる負えません。さぁ、どうしたものか?明日は回復しそうな天気予報ですが、この雨風なら、気持ちもしぼんでしまいます。最悪、槍ヶ岳山荘から「右俣谷」に下り新穂高温泉へ戻る行程も想定しましたが、岳友バタ氏と相談の結果、明日の好天気を期待しつつ、横尾から涸沢まで上がろうということになりました。


27日の行程:

槍ヶ岳山荘(6:10)~水俣乗越(8:05)~槍沢ロッジ(8:50)~横尾(10:20)~本谷橋(11:55)~涸沢ヒュッテ(13:35)

     歩行時間: 約7.5時間 (歩行距離: 約16km)


槍ヶ岳山荘を出発する頃は、真っ白け、雲の中といった感じですが、雨は止んでおりました。大キレット越えできる天気ではありません。視界は、標識や方向指示などは確認できました。今年は雪が多かったせいか雪渓も多く残っており、アイゼンまでは履きませんでしたが、歩行に注意そ要しました。注意していたつもりが氷を踏んで滑ってしまいました、スネを打って痛かった。

途中、槍沢ロッジ付近から雨が本降りとなりました。ここで雨具を着ましたが、よく降りましたネ。明日の天気を心配しながら、とりあえず悶々と歩くしかありません。やっと横尾に着いて横尾山荘の軒下で一休みですが、軒下には沢山の登山者が立んぼうの状態でした。小生達も立ったまま槍ヶ岳山荘のにぎり弁当で腹をみたし、涸沢へ向って横尾橋を渡りました。

下りの登山者にはたくさん出会いましたが、さすがに、上りの登山者少なかったですネ。本谷橋にかかるころ雨は小止みとなり、涸沢が近づくにつれて雨は止んで、青空が見えてきました。涸沢の今日の宿は涸沢ヒュッテと決めましが、到着した後、陽も射してまいりました。どうも、天気予報は当たったようです。よかった、よかった (^^♪



槍沢
槍沢、上り方向を写しています。通常は梓川の源流が見えていると思います。

槍沢水俣乗越


ババ平キャンプ場
ババ平キャンプ場


槍沢(梓川源流)
やっと雪渓がおわりました。梓川の源流です。


横尾橋(涸沢への入口)
横尾橋、人通りが少ないですネ。いざ、これを渡ります。


横尾の標識
槍ヶ岳11km、上高地11kmの標識。


本谷橋
本体橋、ここから本格的な上りになります。


涸沢へ雪渓を行く
涸沢入口の雪渓、チョッと長いです。


屏風岩と常念岳と雪渓
屏風岩と常念岳と雪渓、いい眺めです。

涸沢カール(北穂から涸沢岳方面)
涸沢カール(北穂から涸沢岳方面)
涸沢カール(吊尾根方面)
涸沢カール(吊尾根方面)
涸沢カール(北穂高方面)
涸沢カール(北穂高方面)
涸沢カール(涸沢岳と白出のコル方面)
涸沢カール(涸沢岳と白出のコル方面)
涸沢カール(奥穂方面)
涸沢カール(奥穂方面)



於涸沢ヒュッテテラス
至福のひと時 於涸沢ヒュッテテラス。

於涸沢ヒュッテテラス
至福のひと時 於涸沢ヒュッテテラス。


===  素晴らしい登山を楽しみました!!!  ===

次へ:2014夏遠征Ⅳ     前へ戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★いらっしゃい!!!

あなたは
プロフィール

V誘笑む

Author:V誘笑む
ハンドル:Ⅴ誘笑むと申します。
登山、スキー、マラソンが小生の趣味の3種の神器です。今年還暦を迎え、ますます、趣味に磨きをかけて生きたいと思っております。手前味噌になりますが、その磨き具合を適宜ご報告してまいりますので、乞うご期待です!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。